マレーシアの歩き方!ペット事情や交通まで徹底調査



こんにちは!今回、夏休みをマレーシアへ行ってまいりました。
皆様はマレーシアといったら何を思い浮かべますか?
おそらく大半の方は、日本人が移住したい国11年連続No1、経済成長著しい国!

などを思い浮かべるでしょう。果たして本当の所はどうなのか。マレーシアのペット事情はどうなのか?交通などのインフラはどうなのか?2018年の現在と2019年、2020年はどうなるのか等を実際に現地を見てきたのでお伝えします。

マレーシアってどんな国?

マレーシアは、近年急速に発展を遂げている東南アジアの国です。
マレーシアの特徴はなんといっても複数の民族が暮らす多国籍国家である事。
中でも中華系の人々が約30%と大きな割合を占めております。マレー系、中国系、欧米系など様々な人が暮らす街となっております。また人柄は東南アジアだしちょっと危ないのでは?と思っている方もいるかと思いますが、実は日本より犯罪数も少なく意外と安全な国なのです。
特にクアラルンプール、ジョホール、マラッカなどの都心部はとても親切な方が多く、道案内なども親切に教えてくれるのでわからないことは積極的に聞いてみても対応してくれます。

マレーシア国内の言語

公用語であるマレー語や中国語が使えればかなり楽しめるでしょう。都心部や若い方の大半は英語も話せます。日本語は100%に近いほど通じないので英語・中国語・マレー語は必要最低限話せるようにしてから行った方が楽しめます。
ちなみに日本語しか喋れない方でも旅行を楽しめる夢の機械が発売したのをご存知でしょうか?




それが今草彅剛さんがPR大使を務める瞬間オフライン音声翻訳機 ili(イリー)
です。
こちらの端末を使えば英語はもちろん「中国語」「スペイン語」などなど沢山の言葉を操る事が出来るようになる夢の端末なんです。ついに先日発売したので、旅行に行く方はぜひ1台持っておくことをオススメします。

※すごい人気ですぐ売り切れになってしまいます。。

マレーシアに住む有名人

マレーシアと言えばやはりこの方!ガクトさんではないでしょうか?
最初は私もプロモーションで住んでる等と言っていると思っていましたが、本当にクアラルンプール郊外に家族と住んでおり、日本のメディアでも度々登場しており、更に現地で知人の方と事業も行っております。

https://www.the-kl.com
事業内容:不動産、旅行、移住の支援など

日本円からマレーシアリンギットへの換金

マレーシアの通貨はリンギット(MYR)となり(2018.8時点で1リンギット=27円)、換金する場所によっては、手数料がバラバラなので注意しよう。

実際に換金してみた

1.空港・ホテル (手数料:高)
手数料10%も取られました…
※宿泊はヒルトンホテル

2.KLセントラルの街にある換金所 (手数料:中)
街の中には転々と換金所があり大体4-7%位です。安い所を見つけて4%で換金しました。

3.ショッピングセンターパビリオン  (手数料:低)
周った中で一番安かったです。手数料は2%で、ほとんどのお金をここで換金しました。

<おススメの換金について>
空港に着いたら最低限のみ換金する事。
バスorタクシーでホテルに向かうとしても1人なら3000円くらいあれば余裕だと思います。

必見!マレーシアに安く行く方法



私がチケットを取る時はいつもエアトリ(旧Denaトラベル)
を使うようにしております。なぜエアトリが良いかというと、各社の最安値のチケットをまとめて検索できる点(他にもトラベルコ、トリバゴなどあるが今は断然エアトリが使いやすい)、海外航空券とホテルがとにかく沢山ある点などがあります。今の時代は特に情報が多くて困る方も多いかと思いますが、コスパとクオリティを考えてエアトリ1択で間違いないです!

マレーシアの交通に関して

とにかくバスと電車が安いです!タクシーで7,000円位する移動もバスなら700円程度。約1/10程度(例:クアラルンプール⇄マラッカ)しかも快適で時間も変わらないです。観光客が多い所では乗車券の買い方もジェスチャーでも買えます。基本は電車とバス移動でタクシーでしか行けなかったりする場所のみタクシーを利用するのがおススメです。

また、クアラルンプールからジョホールへ行く時は飛行機を使うと7,000-10,000円程度(約50分)で行けるが、バスだと約5-6時間1000円以内位である。時間と費用を考えて最適な方を選べばOK!

空港からホテル

ホテルがあるエリアはクアラルンプール国際空港から約30-60分程度離れた位置にある為、移動はバスかタクシーのどちらかとなるが、チケットも簡単に変えて早い特急の電車KLIA線がおススメです。

電車の中も凄い綺麗であっという間に到着します。特急料金で1人あたり約50リンギット(約1400円)だがタクシーよりは安かった。

タクシーの乗り方

街中のタクシーは値段を交渉して乗る。試しに交渉しないで乗ってみたら倍近く取ってきたケースもあったので注意。そんなに悪い人ばかりでもなさそうだが、とりあえず運転手の見た目でタクシーは選ぶようにした。

マレーシアのペット事情

日本国内で検索すると「マレーシアはイスラム国家、イスラム教で犬は汚れた動物」マレーシアはイスラム国家、イスラム教で犬は汚れた動物とされているなどとよく出てきます。また犬に触ったらイスラム式で水で6回と粘土で1回手を洗わないといけないとかも言われています。更に犬の口が一番汚れているので、犬との口づけはNGなど。
しかし私が実際に行った時に感じたのは、真逆の印象でした。
というよりマレーシアの国自体が変わったというのが正解かもしれません。
マレーシアは現在シンガポールのように海外の方を移住させたり、企業などを集める為の政策を多く行ったことにより、元々住んでいたマレー系の方の比率が少なくなり、中国系や欧米系や日本人など多くの国の方が住むようになり、ペット好きな方が多くなった事により、ペットショップやトリミングサロン、ペット可物件などが休息に増えてきております。
ただこれは、クアラルンプールやジョホールバルなどの都市部に限っての話であり、他の地域はまだまだ現地の方が多い為、ペットと共に暮らすのは困難かもしれません。

マレーシア国内のおすすめペットカフェ

1.The Huskitory

ザ・ハスキトリーは、ハスキー犬好きの方にはたまらないお店です。ハスキー犬が多く店舗におり、休日や連休シーズンになると海外の渡航者も多く訪れる人気スポットです。

  • 店舗名:The Huskitory
  • 営業時間:11:00 – 20:00
  • 住所:27 Jalan Taman Asean, Melaka 75250, Malaysia
  • 電話:+60 6-334 2602
  • 公式サイト:https://www.facebook.com/huskitory  (Facebookのみです)

2.Purradise Cat Cafe

マレーシアの方は、犬より猫を好む傾向がある為、猫カフェがブームの兆しをみせております。特に最近人気のエリアTTDIにある「Purradise Cat Cafe/パラダイスキャットカフェ」は多くの方が訪れる有名店です。

  • 店舗名:Purradise Cat Cafe
  • 営業時間:14:00 – 21:00
  • 住所:24A (First Floor), Jalan Tun Mohd Fuad 2, Taman Tun Dr. Ismail, 60000 Kuala Lumpur
  • 電話:+603 2389 0976
  • 公式サイト:https://purradise.my

ツインタワー

クアラルンプールといえばココ!

超人気のスポットで、連休シーズンは、朝8:30に前売り券を買わないと乗れないほどの人気である。乗るためにはAMに乗るのはめちゃ大変なので、朝一で夜のチケットを買いに来て夜再度訪れるのが良い選択だと思った。混雑はするが一度は絶対訪れたいスポットです。

  • 8:30 前売り券販売
  • 9:00-21:00 OPEN

ツインタワーは1998年にマレーシアの国有石油会社ペトロナスによって建てられました。「88階建て」「高さ452メートル」と20世紀に建てられたビルの中では最も高いです。
2003年、台北101(台湾)に「世界一高いビル」の座は奪われましたが・・・
ツインタワーとしては今でも世界一の高さを誇っています!!
マレーシアはイスラム国家なので、このビルにはイスラム様式が用いられ、2つのタワーはモスクの尖塔のような形になっているのです。ちなみに向かって左側が日本、右側が韓国が競って建築した事でも有名です。

マレーシア情報まとめ

今回マレーシアに行って思ったことは、最近行った海外の中でダントツで「住みたい!」と思う国でした。日本人が11年連続移住したいと言っている理由がわかりました。人柄・交通インフラ・ペット事情など、魅力が溢れる国にぜひ皆さんも一度行かれてみてはいかがでしょうか?




友達にオススメしよう